木. 8月 5th, 2021
ArmenianAzerbaijaniCroatianCzechDutchEnglishEstonianFinnishFrenchGermanItalianJapaneseLatvianNorwegianPolishPortugueseRomanianRussianSpanishThai

先日本国発表となった4シリーズグランクーペですが、日本でも本日発表され9月から納車開始となるようです。
日本仕様については本国仕様と若干の違いがあるようですので、詳しくみていきましょう。
個人的には一番期待していた本命?な部分もあり楽しみです。

G22 4シリーズクーペ同様、標準的なグランクーペモデルは420iのみのラインナップとなりました。
420iはB48(2000cc/直列4気筒)エンジン搭載モデルとなり、FRレイアウトのみのラインナップです。
スタンダードモデルとMスポーツの2種類のボディタイプから選択できるのも、クーペ・カブリオレと同じですね。
プレス発表は7月16日ですが、16日の夕方時点でカタログがまだ出ていないので詳細不明でした。
という事で装備周りの細かなことは改めてご報告します。

価格はベースモデルが620万円、Mスポーツが660万円となり、クーペより少し高い印象ですが、価格帯的にはこんなもんかなという印象です。
カブリオレよりは少し安い設定ですが、ルーフの開閉機構が着く分色々と部品の増えるカブリオレですので、全般的に価格設定としては妥当な印象です。
F36の420i Mスポーツも、最終的には660万円でした。2014年のデビュー当時は557万円となっており、7年で約110万ほど値上がりになりますが当時とは装備も変わっていますのでこんなもんかな。というところです。

さて、M Performanceモデルとしては、M440i xDriveがラインナップされました。
こちらは本国仕様の48Vマイルドハイブリッドは搭載されず、純粋な直列6気筒モデルとなります。
G22/G23と仕様上の違いは特にないようです。

M440iに関してはG22でも1000万円越えでしたのでこちらも想定の範囲内かなという印象です。
ただ、F36の440iについては最終期でも873万円でした。xDriveの有無など差があるものの、ちょっと値上げ幅が大きいような印象ですね。

ということで、装備の詳細が分かり次第またご案内いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA