日. 4月 11th, 2021
M3 Competition Individual Color
ArmenianAzerbaijaniCroatianCzechDutchEnglishEstonianFinnishFrenchGermanItalianJapaneseLatvianNorwegianPolishPortugueseRomanianRussianSpanishThai

今日ご紹介する中古車は、非常にレアな一台です。
F80型M3にIndividualのカラーをまとった一台。こちらは2018年11月に3色かつ合計10台という希少な限定仕様となっています。

まずは車両の紹介から。こちらの一台を保有しているのは、Motoren Glanz BMWさん。
同社の下取り車両ということです。

2018年式という事で、F80型M3の中では最終時期の生産モデルとなります。F82M4はつい先日まで生産していましたが、F80については早々に生産を終わらせており、少し空白がありました。そのため生産時期としてもほぼ最終期の生産モデルと考えられます。

インタークーラーやマフラーなどが社外品に交換されているように見受けられますが、走行距離は実質600km程度となっており、実質コレクション状態の一台。
内外装共に非常に状態はいいのではないかと思われます。状況から見てバッテリーの劣化度は心配なところです。

価格は1480万円とこちらのM3CSよりも高額になりますが、M3CSは30台の限定だったことを考えるとレア度はこちらの方が上かもしれません。

さて、こちらの限定車ですが、BMW Japanのプレスリリースには乗っておらず、情報を探していたところ、Facebookの投稿に記事がありました。
2018年11月1日に、BMW Japanからリリースされたこちらの記事では、今回のジャバ・グリーンだけでなく、シルク・パープル(3台)と、G80M3のコミュニケーションカラーにも似ている、ブリティッシュ・レーシング・グリーン(4台)の、合計10台限定だったようです。
Individualカラーということなので、もちろん同じ仕様を注文することは可能だったわけですが、このタイミングですと受注終了後と考えられますのでこの限定車以降で同じ仕様は注文不可だったのではないかと思われます。
今後他のカラーも中古車市場に流れてくるでしょうか?
楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA