土. 9月 26th, 2020
ArmenianAzerbaijaniCroatianCzechDutchEnglishEstonianFinnishFrenchGermanItalianJapaneseLatvianNorwegianPolishPortugueseRomanianRussianSpanishThai

セダンでもなければクーペでもない。クーペのようなスタイリングであってドアは4枚。そんなグランクーペは現在2シリーズ、4シリーズ、8シリーズと3つのシリーズでグランクーペが設定されています。
それぞれを見ていきましょう。

2シリーズ グランクーペ

2シリーズグランクーペは、エントリーモデルである1シリーズと共通のプラットフォームを持ち、リアセクションの延長などを経てグランクーペ化されています。BMWはFRという印象が強い中、FF又はFFベースのAWDとしてデビューしましたが、評判は非常にいいようです。
サイズ感はというと、E90型 3シリーズ(現行より2世代前)のモデルと非常に近いサイズとなっています。現行となるG20型3シリーズは、横幅1825mmまで拡大しており、一部古い立体駐車場などでは車幅の制限に引っかかるケースもあるようです。
ということで、サイズ感が大きくなって3シリーズは厳しい。というユーザーにとっては選択肢になるのではないでしょうか?
スタイリングは少し背が高い印象があります。これは、FF化とこのサイズ感で室内の広さを保つためと考えられます。
FRの場合エンジンを縦に置くこともあり、ノーズが長くなる傾向にありますが、FF化されノーズを長くする必要もなく、また居住性を優先すると室内長をとる形になるので、結果的に少し背高感が出ているのではないかと考えられます。
お値段369万円〜となり、M235i xDriveでも665万円とリーズナブルです。
420i M Sportが660万円前後です。値引きのことを考えると最終的には420iの方が安そうですが、M235iのパフォーマンス考えると、4シリーズではなくて2シリーズという選択もいいですね。

4シリーズ グランクーペ

デビュー時期で考えると今回の3台の中では古い4シリーズグランクーペです。BMWでは初めてのグランクーペとなる6シリーズグランクーペの流麗なデザインをそのままに、3シリーズをベースにサイズをDセグメントにしたモデルです。
5ドア・リフトバックとする事で、セダンよりも格段に使い勝手が良くかつデザイン的にも美しい一台です。
F30の3シリーズセダンも人気でしたが、日本ではこのF36グランクーペは非常にヒットした一台といえます。
正確な情報がありませんが、以前BMWの発表として、日本で正規輸入している4シリーズのうち、半数以上(50%以上)がグランクーペと聞いたことがあります。どうせ3シリーズセダンなら、4シリーズグランクーペでもいいんじゃ?と思うというのはあり得ると思います。
私自身、3シリーズセダンも検討しましたが、同じサイズ感、同じ価格感で考えると4シリーズグランクーペの方がデザインも良く、リフトバックの使い勝手などを考慮しこちらになりました。
デザイン面では自分が乗っていることもあり言うことなしです(笑)
使い勝手の面でも特段不便は感じていません。強いていうならノーズが長いので、狭いところで苦労します。フロントのPDCもつけておけばよかったな。というのは後悔している点です。
価格は616万円〜873万円。420i M SportはM235i xDriveと並ぶ660万円。現在はモデル末期で値引きもそれなりと考えると、定価は参考か価格ですが、きちんと2シリーズの上位に位置してますね。
873万円は440iの価格となりますが、直列6気筒ターボで、現在はharman/kardonオーディオなどが標準装備ですので、考え方によってはお買い得かもしれません。

参考にF06 M6 Gran Coupe

8シリーズ グランクーペ

6シリーズから格上げとなって8シリーズとなりました。F系6シリーズと同様に、クーペ、カブリオレ、グランクーペの3車種構成です。
上位にM8もありますね。旧モデルとも言える、F06型6シリーズグランクーペも非常に大きくのびやかなデザインでしたが、今回の8シリーズでも大胆で優雅なデザインが受け継がれていますね。
7シリーズを超えるサイズですが、7シリーズでも4名乗車という使い方だと8シリーズもアリかもしれません。
クーペスタイルでリヤのルーフはなだらかに落ちていますが、シートの工夫かあまり圧迫感が強い感じではありません。ショールームで座らせてもらった限りでは快適そうな印象です。価格は1158万円から1723万円と、流石に一桁違いますね。とはいえこの優雅なグランクーペの価格としてはあまり驚くレベルではないです。
ちなみに、先日Youtubeで発見したM8 グランクーペのサーキットインプレッション動画。レーシングドライバーの土屋圭市氏がレビューしていますが、電子制御の介入が非常にいいようで、大雨の中テストしてますがベタ褒めですね。

そんな訳で3つのグランクーペをご紹介しました。
お値段的にもデザイン的にもやっぱりF36が一番かな?(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA