木. 10月 1st, 2020
ArmenianAzerbaijaniCroatianCzechDutchEnglishEstonianFinnishFrenchGermanItalianJapaneseLatvianNorwegianPolishPortugueseRomanianRussianSpanishThai

4シリーズの販売縮小記事でも書きましたが、4シリーズの主力モデルはやはりM Sportのようです。
例えば、420i/428i/430i/435i/440iでラグジュアリーを検索すると、メーカー系販売店で在庫してるモデルとしては19台のみと非常に少ないです。
反して、M Sportは同じ条件下で121台ありおおよそ6倍という在庫数です。
もちろん、このM Sportに人気が集中するのは、顧客が持つBMWのイメージと合致しやすく在庫しても売りやすい。という事から、在庫モデルにM Sportが集中する事など、様々な要因がありそうです。
そこで今回はM Sportとラグジュアリーを比べてみましょう。

M Sport LCI前

M Sportの代表例は、Nicole BMWが保有のこちら
アルピンホワイトのボディに、18インチアルミホイール、内装も純正アルカンターラと特にオプションがついている気配はありません。
という事で、基本的な一台です。

Luxury LCI前

Luxury の一台はYanase BMWで保有のこちら。
フロントのPDCがオプションなくらいでこちらもスタンダードな一台です。
色もアルピンホワイトなので同じですね。違って見えるのは照明と撮り方でしょう。

フロントマスク

まず違うのはバンパーですね。M Sportはロワーグリルが3分割されたスポーティなもの、Luxuryは横一文字タイプのシンプルなものです。
M Sportの方がより車高が低い印象になりますが、4シリーズは意外にもLuxuryのフロントマスクにも迫力がありますね。
Luxuryのフロントマスクで残念なのは、ACCのセンサーがバンパーからはみ出すような形で設置されており、中央が途切れているように見えていまします。
フロントグリルはフィンの本数が異なります。
M Sportでは9本、Luxuryは11本となるほか、フィン自体もメッキになっていますね。
その他フロント周りだと、フェンダーのダクトの色が異なります。
M Sportはブラック、Luxuryはこちらもメッキになっていますね。
ホイールもM Sportはスポーティなデザインの5スポークですが、Luxuryはエレガントなフィンタイプのものになっています。

リアテール周辺

リアのデザインもバンパーデザインが違いますね。M Sportではディフューザー風のデザインになっていますが、Luxuryはメッキの部品が着くなど、こちらも少しエレガントな印象です。
テールゲートなどに違いは見受けられません。
サイドになりますが、ウインドウモールはM Sportのシャドウラインに対して、Luxuryはハイラインを思い出させるメッキモールとなっています。

シートは?

シートは大きく異なります。M Sportはアルカンターラとファブリックのコンビネーションシートが標準装備。シート自体少しホールド性を向上させておりスポーツシートになっています。とはいえ、Mのようなセミバケットタイプではないので、使い勝手は悪くありません。
Luxuryはダコタレザーが標準装備となります。見た目上背もたれはM Sportと変わらないデザインのように感じますが、座面は少しフラットになっておりホールド性は落ちます。
ただ、乗り降りは少ししやすい印象ですね。
M Sportのシートが良いのは座面の前後調整機能がある事です。
Luxuryにはないようです。

インパネ周り

シートも同様ですが、M Sportに比べて明るめの色が使われています。ただ、内装色はブラックの選択も可能だったかと思いますので、ブラックの場合は同じですね。
ただ、ピラーから上の部分は、Luxuryはベージュ、M Sportはブラック(アンソラジット)が標準となります。
インテリアパネルは、M Sportがシルバー、Luxuryはウッドと明確に異なりますね。オーディオパネル周辺にメッキの加飾がされているのも特徴ですね。
また、ステアリングもM Sportの方がよりスポーティな印象の3スポークとなっています。
シフトノブも異なりますが、これは、M SportがスポーツATなのに対し、Luxuryは通常のATとなっています。
どのくらい性能が違うのか分かりませんが、カタログ記載のギヤ比は同じでしたので、変速タイミングなどが変わるのだと思われます。
また、スポーツATでないと、パドルシフトがつきません。

さて、最後にラグジュアリーの中で気になった数台をご紹介

Yanase BMWで保有しているこちらの一台
なんと、グレイシャーシルバーのラグジュアリーは、非常に大人っぽい渋みのある一台です。ポイントは430iであること。2016年6月と言う事なので、B48になった直後のものと思われますが、430iというチョイスもなかなかマニアックでいいですね。
19インチのホイールでよりスタイリッシュに。
スタイリッシュでスポーティなグランクーペをスマートに乗るのも大人っぽくていいのではないでしょうか。

もう一台は、Abe BMWで保有しているこちらの440i
Individual仕様のボディカラーで左ハンドル仕様。何より440iという事でB58エンジンが搭載された前期モデルです。
こちらもほぼ間違いなく注文販売と思われますが、なぜか7000kmという低走行モデルです。











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA