火. 10月 27th, 2020
ArmenianAzerbaijaniCroatianCzechDutchEnglishEstonianFinnishFrenchGermanItalianJapaneseLatvianNorwegianPolishPortugueseRomanianRussianSpanishThai

BMWかレクサスか。
以前にも、日本の高級車ブランドとしてレクサスを記事にしたことがありますが、今回もレクサスとの比較記事です。
とはいえ、今回は新車ではなく中古車による比較です。

2015年~2016年頃の320iとIS 200tを比較します。
まず、3シリーズについては、320iに限定します。328i/330iだとIS250/IS300hと同等と判断できるためです。
当然AH3はIS300hとも近いですし、340iについてはIS350と近くなりますのでこちらも取り扱いません。また、318i/320dはエンジン特性が異なりますので、今回はあくまで320iに限定します。
IS 200t(2020年モデルはIS300)は2000ccターボでハイブリッドシステムなどを用いません。出力は240PS前後あり、出力だけ見ると328i/330i相当ありますが、装備や価格などの観点から320iを比較にしました。
 320iの2015年9月の新車価格は¥4,830,000-
 IS200tの2015年8月の新車価格は¥4,544,000-
となっています。

まずは中古車の台数ですが、今回絞り込む条件は上記に加えて、2015/2016モデル(1回目の車検後~2回目の車検手前程度)
メーカー系販売店が保有している、修復歴のない車両で5万キロ以下(過走行ではない)に限定しています。

この条件でいくと、320iは33台が見つかりました。そのうち半数は白ですね。
IS 200tは、10台となり3分の1程度です。
レクサスは在庫数が少なく、色や装備、パッケージなどあまり豊富に選べる状況ではありません。
おそらくですが、レクサスの受注販売方式が影響していると思われます。
在庫を持たない販売方式のため、期末に新車登録して新古車を作るような手法を取りません(取れない?)。
そのため、中古車での流通も決して多いわけではなく、一定数で安定しているものと思います。
では最初に価格を比べていきましょう。

平均最高額最低額
BMW 320i ¥2,352,151¥3,098,000 ¥1,480,000
レクサス IS 200t ¥3,329,000¥4,480,000 ¥2,480,000

全てにおいてレクサスの方が100万円程度高いという結果になりました。
平均価格でも100万円近いと言う結論は非常に興味深いですね。検索条件は同じですので大きな差が出ています。
新車価格での差は、先に記載の通り20万円程度です。
流通量が3倍になると価値は100万程度も差が出てしまう結果となりました。

では、最高、最低、平均の6台比較をみてみましょう。
まずは最高額を記録したモデルから。

BMW 320i M Sport

Willplus BMWで保有しているこの一台。今回検索した中では唯一の300万円台ですが、理由はおそらく6MTにあると思われます。
BMWの中でもマニュアルトランスミッション設定車は少なく、思い当たるモデルでも、M240i/M2/M4くらいです。軒並み6気筒のMモデルですので、より手軽で実用性も兼ねると言う点では320iは唯一無二のマニュアルトランスミッション搭載モデル。距離こそ26000キロとなっていますが、年式から考えれば過走行ではありません。
もちろん、LCIモデルですので、安全装備やLEDヘッドライトなど充実しています。
ただ、オプション装備はほぼ無しとみて間違い無いでしょう。
なお、マニュアル車のため、アダプティブクルーズコントロールは装備されていません。

LEXUS IS300 F Sport

レクサスCPO小倉で在庫しているこのモデル。2016年ですがマイナーチェンジ後のモデルとなり、グレード表記もIS200tではなくIS300に変更されています。
M Sportに相当する、F Sportモデルで全体的にスポーティな印象。内装色も落ち着いた赤い革シートなど魅力的な一台となっています。
LEDヘッドライトや安全装備など、基本的な装備は変わらないと思いますが、フロントブレーキが写真で見る限り対向キャリパーになっていますね。
BMWとの差は150万弱。こちらは走行距離も1万キロ以下と高品質であることが伺えます。

最高額モデルについては、どちらも特徴的な個体ですね。BMWでは数少ないマニュアルトランスミッション車、レクサスではこの年式では非常に珍しいマイナーチェンジ後のモデル。という結果となりました。
ちなみに、走行距離で見るとBMWは1.2万キロで279万円というモデルが最も走行距離の短い個体でした。

次に最安価格の車両を比較します。

レクサス IS200t

今度はレクサスから。レクサスCPO豊中で在庫中の赤いISです。F Sportでも、Lパッケージでもない、素の200tになります。
革シートではないようですが、パワーシート、ナビ、パドルシフトなどの装備やLEDヘッドライトなども装備している他、サンルーフもついているようです。
走行距離44000キロで250万円程度ですので悪く無いですね。

BMW 320i ラグジュアリー

Osaka BMWで在庫中の320iラグジュアリーは、148万円とお買い得プライスです。2015年式で現在車検切れですが、購入時点では2年の車検付きとなりますね。
ラグジュアリーモデルですが、この年式だと本革シートは標準装備ではないようです。パドルシフトなどもありませんし、前期型という事でHIDなのもポイントです。先に紹介したレクサスに比べると全体的に装備が劣る(一世代古い)ようにも感じられる車両ですね。
とはいえ、148万円というプライスですので、そんなもんかなと言う気もします。

では平均的な金額の一台にフォーカスしましょう。

BMW 320i ラグジュアリー

今回の検索条件におけるBMWの平均的一台は、Yanase BMWが保有する。320iラグジュアリー
先ほどのラグジュアリーは前期モデルでしたが、今回は後期LCIモデル。
LEDヘッドライト、本革シートなどなど、装備の面では非常に充実した一台です。リアシートが4:2:4分割になっていますので、ストレージパックなどがオプションになっているかもしれません。距離は1.3万キロと非常にコンディションの良さそうな一台ですし、価格的にも妥当な一台といえそうです。

LEXUS IS200t F Sport

レクサスの平均価格に近い車両は、鮮やかなブルーのF Sportモデル。こちらは、レクサスCPO久留米が保有しています。
鮮やかなブルーがスポーティで、Fスポーツの印象をさらに高めてくれます。装備的には標準的な装備のようにも見えますが、一通りの装備はついているようです。なお、このモデルは340万円という寝づけながら、4.6万キロとなっており少し走行距離が多いような印象も受けます。

さて、全体的なまとめに入っていきますが、購入しようとするとまず予算が重要になります。
その場合、300万円用意できるとすれば、BMWの方が高年式で低走行の個体を選べる可能性があります。また、予算200万円ですとレクサスの場合より年式が古いか走行が多い車両を選ぶことになります。
そのため、中古車選びという点ではBMWの方がお買い得という結論に至ります。
反して、IS200tの値下がりが非常に緩やかです。そう考えると、新車で買って3年で乗り換えるような場合、レクサスの方が安心できるかもしれません。
BMWは在庫車の場合大幅な値引きなどをするケースが多く、中古車市場の相場が崩れやすいのが問題とも言われています。
とはいえ、中古車価格をみるとBMWはお得かもしれませんね。











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA