火. 10月 20th, 2020

週末に行われたLe Mans 24hレースでは、M8GTEは81号車がクラス12位フィニッシュと、82号車は日曜日を迎え早々にクラッシュとなり、リタイアしてしまいました。
BMWのファンとしては少し残念な結果となってしまった感が否めませんが、現在のM6GT3がM8GT3に置き換わるまでに少し時間もありますので、今後のM8GT3(GTE)車両の成熟に期待しましょう。

 

 

 

さて、そのル・マン24時間レース会場で発表されたのが、新型8シリーズとなる、M850i xDriveです。
昨年の東京モーターショーでもコンセプトモデルが展示されましたが、さらに洗練されたスタイリングになり堂々デビューしました。
日本でもプレス発表されていますので、近い将来正式なデビューとなると思いますが、BMWのトップオブクーペとして、フラッグシップを飾るのにふさわしいデザイン、そして性能が与えられた一台と言えるでしょう。
6シリーズも、デザインは非常に魅力的なラインを描くのが特徴でしたが、今回の8シリーズも大型クーペとして非常に魅力的なデザインとなっているほか、このデザインでのカブリオレ・グランクーペ(グランクーペはコンセプトの発表がすでにされています)が期待されます。こちらも非常に楽しみですね。

 

価格については、今回のM850i xDriveは、ドイツ本国で税別(€105.630,25)ということですので、BMWが為替レートをどの程度の金額に設定しているかにもよりますが、2000万円前後で日本にも導入されるのではないでしょうか?
直接的なライバルとなるとみられるAMG S63クーペが2400万円くらいですので、あまり大きくは離れないのではないかと思われます。
なかなか気軽に手が出るモデルではありませんが、本国ではディーゼルモデルも同時デビューしているようですので、そう言ったモデルも入ってくるとまた一つ楽しみになりますね。

 

One thought on “Le Mans 24h Race と8シリーズデビュー”
  1. […] すでに8シリーズのデビューについて記事にて紹介しています。またBMW Japanも8シリーズの発表自体はしており、日本導入は確実というところですがそこで気になるのが価格です。 大型クーペ、特に7シリーズを超えるサイズになりますので、決して安く無いことは簡単に想像できます。 また、今後M8もデビューすると言われていますので、少し価格について整理してみたいと思います。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA