土. 10月 31st, 2020

週末はマカオグランプリが開催されていました。様々なレースが行われたこのレースですが、やはり注目はFIA GT World Cup.

BMWからは、ArtCarとして真っ黒の18号車をはじめ、4台が参戦。

ArtCarには、茂木でDTMデモランも務め、またStudieのサードドライバーとしても活躍した、ワークスドライバー Augusto Farfus選手。チームはBMW Team Schnitzerからの参戦。

90/91号車は、Team AAIからの参戦で、Chaz Mostert選手とMarco Wittmann選手
Chaz選手はオーストラリアの選手で、主にオーストラリアのレースで活躍しているようですね。日本では少し馴染みがありません。Marco Wittmann選手は、2016年のDTMチャンピオン。日本では同じく馴染みがありませんが、BMWのドライバーとしては有名な選手ですね。

#99はニュル24時間レースでもおなじみの、ROWE RacingからTom Blomqvist選手。Tom選手もDTM/Blancpain GTとBMWのレースでは有名な選手です。

 

では早速こちらから。

マカオグランプリは、予選もレース形式で実施されます。

この予選レースでまさかのアクシデント。

50号車のメルセデスがコーナーでクラッシュ。直後を走っていたメルセデスはうまく避けたもの、911号車のポルシェはこれに大きく突っ込む形でクラッシュ。道を塞いでしまった二台に突っ込む形で12台によるクラッシュ。

残ったのはこのクラッシュの前に抜けたアウグスト選手を含む4台。また後方スタートだった4台となりました。

Team AAIの90/91号車とROWE Racingの99号車の3台がこの多重事故に巻き込まれる事に。

結果として、99号車は修理ができないレベルの損傷ということで、予選でレースを終える事となってしまいました。

このクラッシュ、もっとも車両コストが高いのはフェラーリと言われていますが、12台が巻き込まれ総額では10億円を超える損害額と言えるでしょう。

スパ24時間の、GSRのクラッシュも衝撃的でしたが、こちらも非常に衝撃的なクラッシュでした。

クラッシュの原因ですが、曰く、50号車のメルセデスは直前のコーナーでウォールにヒットしたようで、ステアリングが効かない状態でクラッシュ。ブランインドコーナーで見えなかった911号車が突っ込んだのが主たる要因のようです。

 

さて、日曜日のレースは、Augusto選手のキレのある走りで、スタートは快調でしたが、市街地に入るコーナーで888号車に追突されてしまい3番手に。またこれによりトランクパネルが外れかかってしまい、オレンジディスクとなりピットインを余儀なくされました。しかし、セーフティカーのタイミングだったこともあり、非常に速い追い上げで90/91号車を追い越し、4位フィニッシュとなりました。

 

スプリントレースということもあり、非常に見応えのあるレースでした。

しかしやはりコースの狭さに対し、GT3車両が大きすぎるようにも感じます。軽く横幅2mと言われるGT3車両ですので、クラッシュのリスクも大きく厳しいレースのようにも感じました。決勝18周ですが、オーバーテイクポイントが少ないので難しいレースですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA