火. 10月 20th, 2020

日本に導入されているグランクーペには、420iをエントリーモデルとして、430i/440iの3種類。モデルチェンジ前も、420i/428i/435iの3グレードでした。

さて、本国ドイツに目を向けると、4シリーズにもきちんとディーゼルのバリエーションが存在ます。

418d/420d/430d/435dの4グレード。なんとガソリンモデルよりもラインナップが多いんですね。

418d/420dは4気筒ディーゼル、430d/435dは6気筒ディーゼルの設定です。

日本でも、6気筒ディーゼルが欲しいと思ったら、アルピナD4でディーゼルの設定がありますが、アルピナにはグランクーペの設定がありません。

という事で、6気筒ディーゼルの4GCは日本ではなかなか手に入らない一台です。

とはいえ、全く望みがないわけでもなさそうです。

UK仕様であれば、右ハンドル仕様(ライトの光軸等も)なので、ナビなどのローカライズがうまくできれば、並行輸入もアリでしょう。

ディーゼルの車検がきちんと取れるかはなんともいえませんが。

F36の4シリーズグランクーペは、最初で最後とも噂されていますが、日本市場にもディーゼル仕様、そして、6気筒ディーゼルを入れて欲しいですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA