近年の高級車

BMWは果たして高級車なのだろうか?日本で購入する場合、エントリーモデルと言われる118iでも300万円台という価格帯です。日本車でみるとマークXなどもターゲットになる価格帯です。

今回は少しBMWとは関係ない部分も含めた話です。

もちろん、日本車でも高級モデルは存在します。トヨタならマジェスタやクラウン。日産ならフーガなどがそれらの候補とも言えます。

また、レクサスは、実質的に価格レンジが欧州高級ブランドと変わらず、高級車の仲間入りともいえます。

さて、約30年前にトヨタは米国でレクサスを始めました。この頃、日本はバブル景気後半。当時の日本の感覚だと、国産車は高級車ではなく、高級車=輸入車という時代だったでしょう。もちろん、クラウンやセドリック、レジェンド、デボネアなど国産高級車も存在していましたが、まだまだ輸入車=高級車。という時代だったような気もします。

さて、現代に話を戻しますが、レクサスは果たして高級車なのか?という話です。

レクサスは隠すまでもなく、トヨタ自動車のハイブランドを指します。すなわちそれはメーカーではなく、トヨタの中の一つのブランドでしかありません。

過去の例を見れば、GSとクラウンは基本的なコンポーネントを共有していますし、ISとマークXも基本的には同じです。もちろん、全く同じではないのですが、シャーシの形式という観点で行くと同じです。SUVのNXに至っては、ベースはRAV4です。

こういう角度からみると、非常に勿体ない商品にも見えて来ます。日本のメーカーの得意なところでもありますが、中身は同じながら見た目を変えて、違う車に仕立てるという点です。マーク2/チェイサー/クレスタは、三兄弟と言われた車種ですが、こちらは同じシャーシであることが明確で、グレード体系も全くと言っていいほど同じでした。要は販売店ごとにキャラクターを変えていただけで、中身が別とは言っていない。という事です。

そこで、シャーシなどが専用設計ではなく、内外装や排気量の僅かな違いで、高級車と言えるのか。という事ですが、残念ながら現代の高級車論の中ではYESでしょう。

例えば、誰でも高級車とわかる例でいえば、キャデラックが代表例です。現在SUVの中でも高級車とされる、キャデラックエスカレード。このエスカレードは、シボレー・タホ/GMC・ユーコンとシャーシを共有します。過去にはフロントフェイスとエンジンが違うだけ。という事もありました。

しかし、本革シートや内装の作り込みなどについては、価格の分だけ作り込まれており、高級車と感じられるようにはなっていたと見ています。

同じことは欧州車でも見られます。ポルシェ・カイエンは、VW・トゥアレグ/アウディ・Q7とシャーシを共有していますし、弟分のマカンは、アウディ・Q5と兄弟分です。

ただし、このような例に習わないのが、メルセデスとBMWです。どちらも基本的には個々にシャーシを持っていますし、以前も記事にしましたが、BMW3シリーズと4シリーズでは、基本的なコンポーネントは同じであるものの、シャーシ自体は別物といえます。(ドライブトレーンは基本的に同じ)

さて、どちらが良いのかという話になりますが、見た目の高級感を求めるユーザーには、レクサスのような作り方です。シャーシやエンジンを共有するため、そこへの投資は抑えられます。その分、内装デザインやマテリアル、また外装などにコストをかけられるとも言えます。

反して、ここの車の持つキャラクター、特に走りの面でのキャラクターを求める場合、BMWやメルセデスのようなものがいいといえます。専用に開発し、ニュルブルクリンクでテストを重ねるような会社だからこそできる、独特の乗り味や走りが生まれると言えましょう。

BMWが相対的に高額なのは、複数のモデルで共有のコンポーネントを使い回すわけでなく、個々のキャラクターや性能に合わせてシャーシや足廻りの設計をしているから。とも言えるでしょう。

何に高級を見出すのかは人それぞれですが、車にとって大事なこととして、走行性能は重要な部分です。そう考えると、BMWのようなクルマ作りこそが、本当の価値という意味での高級ともいえそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です