B58/N55/S55を買おう

ArmenianAzerbaijaniCroatianCzechDutchEnglishEstonianFinnishFrenchGermanItalianJapaneseLatvianNorwegianPolishPortugueseRomanianRussianSpanishThai

直列6気筒

A90となるスープラが発売されたことは以前の記事でもお伝えしましたが、このスープラで何より驚かされたのはその価格です。
B58エンジンを積む直列6気筒モデルが690万円というプライスでリリースされました。
こちらも以前のブログでお伝えした通り、Z4との兼ね合いなどを考えるとRZで700万円台という予想をしていましたので、非常に驚かされたと共にB58搭載モデルと考えると非常にリーズナブルな価格設定と思います。

新車でB58を買う

新車でB58エンジン搭載車を買おうと考えた場合はまだたくさんの選択肢があります。
まずはF20 M140iです。
すでにFF化となるニューモデルが発売されていますので、在庫限りとなる可能性はありますが、最後のFRハッチバックという評判もありそれなりに在庫しているのではないかと想像します。
次に、F22 M240iもB58搭載モデルです。こちらも新車で購入可能です。
さらに、新型G20 M340i xDriveもB58搭載車となります。
F32/F33/F36の各ボディタイプに440iが設定されていますが、こちらもB58搭載モデルです。
さらに、7シリーズの740iや、5シリーズの540iなどもB58搭載モデルです。
ということでこれらの価格を見てみましょう。

B58搭載モデル標準価格
F20M140i¥6,550,000
A90Supra¥6,900,000
F22M240i¥7,010,000
F36440i Msport¥8,530,000
F32440i Msport¥8,750,000
G20M340i xDrive¥9,620,000
F33440i Msport¥9,730,000
G30540i Msport¥10,470,000
G31540i xDrive Msport¥11,110,000
G32640i xDrive Msport¥11,190,000
G11740i Msport¥12,830,000

実際に値引きなどが入れば、M240iとは近しい価格になるかもしれませんので、F20/F22あたりはスープラと非常にいい勝負となりそうです。

E36頃の3シリーズを彷彿とさせるF22は往年のオーナーからも人気の一台。

N55/S55

N55はBMW史上でも名機の一つにあげられる直列6気筒ターボエンジンです。そして、このN55をベースにチューニングされたエンジンがS55エンジンとなり、F80/F82のM3/M4に搭載されました。現在はF87 M2コンペティションにも搭載されており、名実ともにMを代表するレーシングエンジンとなっています。

さて、690万円で新型スープラが買えますが、同じ金額でS55搭載車は買えるか?という話ですが、答えはYESです。
ただし新車というわけには行きません。新車の場合ですと以下のような価格帯になります。

S55
F87M2 Competition¥9,010,000
F82M4 Competition¥13,070,000
F83M4 Cabrioret Competition¥13,830,000
レース直系と言えるM4はやはりBMWの中心的存在。

そこで中古車になりますが、BMW認定中古車でM4クーペを探した場合、600万円台の個体はそれなりに売られています。
ということで、3台ほど紹介します。

2015年で2万キロは一般的な使われ方。

まずは、Tomei-Yokohama BMWが保有しているこちらの一台。
人気のアルピンホワイトにサキールオレンジの内装は人気の組み合わせですね。電子制御サスペンションは付いていませんが、19インチアルミホイールやカーボンインテリアなどはセットされている定番の一台です。

2016年で7000キロと条件は良い

Abe BMWが在庫しているのはオースティンイエローのM4です。カタログカラーでもありますが、日本だと少しためらうかもしれない外装からか、少しリーズナブルな気もします。
こちらも電子制御サスペンションは無しですが、19インチアルミとカーボンインテリアは定番のセット。加えて2016モデルということで、レーンディパーチャーウォーニングが装備されているのは大きいですね。

2014年という最初のモデルながら3000キロはほぼ新車状態

最後に紹介するのは、Meitetsu BMWが保有している赤いM4です。
なんと2014年登録ながら3000キロとほぼ新車に近い状態です。とはいえ、5年経ちますので、タイヤやバッテリーについては交換するのが望ましいですが、3000キロという事で飛び石などの傷は少ないのではないでしょうか?
こちらも電子制御サスはない一般的な仕様となっています。

いかがでしょうか?新車のB58か中古のS55か。どちらも魅力的なエンジンなので決めにくい選択ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です