年末決算に向けた価格交渉

3月頃にも書きましたが、年末が近づいてきますので新車購入等お考えの方はチャンスの時期になりました。

さて、今回は12月という事で、少し事情が異なります。
陸運局など、公的機関は概ね12月29日から閉庁となります。という事は、それまでに登録が済まないと意味がない。という事です。
3月などであれば、3月31日のギリギリまでに。という事もあり得ますが、今回は3日ほど少ない計算です。
とはいえ、29日は金曜日。
例外等あると思いますが、一般論で逆算すると。
新車登録に必要な内容で時間がかかるものは、車庫証明と新車登録(ナンバーの発行)。あとはローンを利用する場合はローンの審査です。
ローンは、バリューローンなど、ディーラー推奨ローンを使う場合は、それも考慮しての審査になるでしょうからそこは割愛します。
また、希望ナンバーの場合(抽選でなくても)、発行に4~5日(営業日ベース)必要になります。
車庫証明は概ね1週間という事ですので逆算していきましょう。

28日(木)にナンバーの交付(受領)という前提で考え、28日にはナンバーが完成というスケジュールでいくと。
21日(木)には陸運局への登録申請が必要となります。車庫証明の交付が1週間とすれば14日(木)には申請をしないといけませんので、12月9日/10日の週末が最後のチャンスと言えるかもしれません。
*ディーラーの休暇日程等も考慮しないといけませんので、実際に必要な日数はディーラーでご確認ください。

次の週末は11月18日/19日ですから、ちょうど4週間となります。
多くのディーラーが、この年末商戦に合わせる形で、見込み発注をした車があると思われます。という事で入港情報を見てみましょう。

直近だと12月13日と22日に、ブレーマーハーフェン発、千葉入港の船があるようですね。
とは言え、VPCへの搬入と検査、さらに通関手続きもあると考えると、13日の便に乗っていたとしても年内登録は難しいかもしれません。
輸入車の場合、登録には通関書類も必要なので、15日迄に通関を通る前提としても、希望ナンバーなしでギリギリ。というところでしょうか。
さて、12月13日までに入港する船は無いようですので、そうなると在庫分として発注しているであろう個体はすでに日本に届いていると推測できます。もちろん、VPCでの検査を経て各ディーラーへの転送となるので、実際の車両がディーラーに届くのは月末直前と見込めます。

話を戻しますが、トラブルなく届いていれば、事実上在庫あり。という状態になりますので、複数の在庫車から選択をするのであれば、11月中の週末から動いてしまう方がベストでしょう。
在庫の豊富なうちの方が選択肢があります。
ディーラーオプションなどは、後からでも選択可能です。希望の個体があれば手付けを払ってしまい、登録に間に合う範囲でディーラーオプションやMパフォーマンス品の選択をするのも良いでしょう。

さて、価格交渉自体は年内に登録完了する事を前提として値引きをお願いする。という物ですので、良い条件が出たらハンコを押す。くらいの買う意思を示しましょう。
まだ、3シリーズか、4シリーズか迷っている。あるいは、クーペか、グランクーペか迷っている。というのであれば、最初の週末を試乗に費やすのもいいかもしれません。
3シリーズの試乗車はどのディーラーでも持っていると思われますが、例えば4カブリオの試乗車はほぼ無いでしょう。現車という意味では中古車を持っているディーラーであれば確認が可能かもしれません。
実際物をみて、試乗して買うためには多少ディーラーをいくつか回らないといけない事も考えられます。

そこで、オススメは、まず希望の在庫を見つけましょう。見つけたら気に入ったという意思を見せつつ、対抗となりそうな車種には試乗しておく事をオススメします。その試乗車が他のディーラーにしかない車種だと尚良いです。
そうやって、色々検討している事を正直に伝えていくと、非常に良いプランを出してもらえるかもしれません。
ディーラーも仕入れて販売という事になりますし、必要な利益幅もあります。なので、無茶な値引きを要求するものではありませんが、折角なら良い条件で買いたい。というのは本音です。
なので、予算なども含めてよく話をするのがベストです。

 

一部ディーラーでは、M2の見込み発注をしたという噂も聞こえてきています。オーダーすると半年待ち以上と言われるM2の在庫車が出るのは非常に稀です。M2の場合は事実上オプション装備がありませんので、色さえ気に入れば良いチャンスですね。

4シリーズグランクーペに関しては、白・黒などの人気色に加えて、M Sportパッケージ率は非常に高いものと見込まれます。そう考えると、ラグジュアリーなどを希望の場合は在庫している確率が低い可能性もあるので、近くに在庫があれば抑えてしまった方が良いかもしれませんね。

3 thoughts on “年末決算に向けた価格交渉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です